« 親のための子ども?子どものための親? | トップページ | ☆ ハッピーバースデー ☆  »

自由研究で地方気象台へ

毎年のことだが、夏休みに頭を悩ませるのは『自由研究』。

今年は『雲の変化で天気が変わるか』について研究することに、、、。

毎日、時間を決めて温度と、雲の様子を観察していた。

夏らしい雲=入道雲にはとても感動していた。

どんどん時間をおうごとに形が変わっていく様子は生きている

生物のよう。

そんな中、わからないことが、、、

1 入道雲はどうやってできるのか?

2 朝は雲の少ないが、どうしてか?

3 雲の色が黒いのはどうして?

などを聞くために、地方気象台に行った。

事前に息子が電話をしてアポをとった。

当日、職員の方がとても丁寧に息子の質問に

耳を傾けてくれて、丁寧に答えてくれた。

いろんな資料を持ってきてくれたり、見学させていただいたり、、、

ほんと、夏休みのよい体験になった。

地方気象台の方にはとても感謝です。

いつも天気予報をだしてくれている予報官の方たちの

様子が見られてよかった。

「天気予報があたらない」と文句を言ってはいけないと思った。

息子も目をきらきらと輝かせて聞いていた。

後は、研究をまとめることだけ。

さて、どんな自由研究に仕上がるのだろうか?

|

« 親のための子ども?子どものための親? | トップページ | ☆ ハッピーバースデー ☆  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439526/22962840

この記事へのトラックバック一覧です: 自由研究で地方気象台へ:

« 親のための子ども?子どものための親? | トップページ | ☆ ハッピーバースデー ☆  »