« 冠着山登山 | トップページ | 土用の丑の日 »

マノアを襲った“マダニ”

日曜日にマノアと冠着登山をしたが、帰ってきてから

マノアのまぶたに草の“バカ”がついてしまった。

なかなか取ろうとしても取れず、マノアもじっとしていてくれない、、、

しばらくしたら取れるだろうと思い、そのままにしておいた。

月曜日はとまりの勤務だったので、火曜日にマノアをみると

まぶたについていた“バカ”が大きくなっているような気がする。

「なんじゃこれ~?気持ち悪い~!」とこれまた取ろうとしても

取れない。ちぎるように取ってみると、赤黒い液体がでてきた。

なんだかわからないけど、一大事だ!ということで、即病院へ行った。

待合室の壁に「マダニにご注意!」とポスターがあった。

「あっ!もしかしてこれってマダニだったのかも?」

「ということは、むりやり取ろうとしたり、ましてやちぎるようにしたなんて

最悪のことをしてしまったのでは、、、」

先生は「ハイ、マダニです。取ろうとしてはいけません。」と、ピンセットで

残ったマダニを取ってくれた。薬を後頭部に塗ってもらい、まぶたに薬を

つけてもらいかえることに、、、

マダニについては、勉強もしたし、やってはいけないこともわかっていたはず

なのに、とても恥ずかしい失態。

マノアごめんね。そんな中、マノアが元気いっぱいだったことに救われた。

その後、マノアのまぶたにつくマダニを思い出すたびに、私の体に鳥肌がたって

いる。今でも思い出すたびに鳥肌がたってしまう。私が一番にがてなぶつぶつ系。

しばらくはこれに悩まされそうだ。

|

« 冠着山登山 | トップページ | 土用の丑の日 »

コメント

この時期はダニが多いです。
ララとアユもときどきつけて帰ってきます。
フロントラインをやってれば、ついてても浮いた感じです。
でもついついフロントラインの回数も、
1ヶ月に1回がのびのびなったりしてしまいます。

投稿: のっぱらひろし | 2008年7月21日 (月) 14時30分

マノアくん、災難でしたね。
山登りは楽しいですが、どうしてもダニが付きますね。
特にササが多いところは、ダニも多いようです。
目の下あたりに食いつく前で、動いているときならガムテープで簡単に取れるのですが、いったん食いついてしまうとうまく取れません。
去年、どうしてもダメで、我が家も獣医さんへ行きました。
山歩きの後、川などで水遊びするとダニも落ちる、とペンションのオーナーさんが言っていましたが、どうでしょうか?

投稿: ラリー・パパです | 2008年7月27日 (日) 18時35分

のっぱらさん、こんばんは。
ダニ、多いんですね。
去年は幸いにもぜんぜんマダニに出会うことなく
すんでいたので、、、
薬を塗ってもらったので、安心です。

ラリー・パパさん、こんばんは。
ほんとマノアにとって災難でした。
それにしても気持ち悪い虫ですね。
そして、薬ってすごいですね。

投稿: まのあママ | 2008年7月27日 (日) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/439526/22342425

この記事へのトラックバック一覧です: マノアを襲った“マダニ”:

« 冠着山登山 | トップページ | 土用の丑の日 »